ブログ

お年玉企画セミナー開催いたします(^^)

明けましておめでとうございます(^^)

ファスティングと食指導
ファスティングと健美食のプロ養成講座 食キャリア塾主催

健康研究家の鮎田奈央海です。

本年もよろしくお願いします。

私は、3日から実家(浜松市)に1週間滞在。
友人や家族と外食したり、初詣に行ったりとゆったりモード中、ビジネスコンサルやファスティングマスター初級検定を開催しました。

青空が気持ち良い2019年のはじまりです。

 

ただ

ただ

絶賛、糖質過多の運動不足中(^^;
1.5キロは増量していると思われます(^^;

このブログを読んでくださっている方の中にも、年末年始の暴飲暴食で、スカートのウエストがきついとかありませんか?

1~2週間位で増量した体重は、少し食を意識をすることで2週間以内に戻せます。
これが1年、3年、5年、10年かけて徐々に増量した場合は、リセットしても、リバウンドしやすいので注意が必要です。

なぜなら、人間の身体は一定の状態に保とうする恒常性(ホメオスタシス)が働いているからです。

1週間で3キロ減量した場合は、それは身体にとって緊急事態です。

体温や血液、体液、ホルモンなどを3キロ減らした状態に合わせて、丁度良い感じに調整しなければならないです。

これ、とても面倒。

だったら、省エネモードを継続させて、体重を戻した方が楽だったりします。

そして、増量していた期間が長いほど、その体重を本来の自分のあるべき体重と身体が思い込んでしまっています。

また減量の仕方によっては、筋肉量が減って、基礎代謝が下がり、太りやすさに拍車がかかります。

更に、以前なら、年末年始の暴飲暴食がすぐにリセットできたのに、最近はなかなかリセットできない。

なぜだろうと思っている方。

そんな方にお勧めのセミナーを開催いたします。

アラフォーからのダイエットには戦略が必要です。

昨年5月から定期的に開催している「人生 100 年時代を美しく思いきり生きる! 40代からのカラダの取説とマネジメントセミナー」でもお話しさせていただいてますが、今回はダイエットにフォーカス!

アラフォ―からのダイエットセミナーを開催いたします。

もちろんファスティングの話もあります。

しかし、
これから、
まだまだ新年会もあったりするので、開催は2月です。

**************
日時:2月2日(土)10時~12時

場所:代官山サロン クープシュー(詳細はお申込み後に)

費用:今回はお年玉企画なので3000円です(^^) (通常私のセミナーは8000円で開催)

募集人数:アラフォー、アラフィフ、アラカンの女性限定6名様(お陰様で満席です)
**************

なお、食べ過ぎてしまう方の背景にストレスがあります。
食べる事やお酒を飲むことにより、副交感神経のスイッチを入れてリラックスしたいのです。

私も1日講義した日は、バリバリ交感神経優位なので、副交感神経のスイッチを入れるために暴食しやすいです。

食べると胃腸が動く、
これで、イケイケGOGOの交感神経優位から、リラックスモードの副交感神経に切り替えることができるのです。

ですから、食べる事以外でリラックスできる方法を見つけるのがお勧めです。

前にも書いてますが、私の場合は、FOXチャンネル45分物を見る!
ハラハラ・ドキドキ、そして完全ハッピーエンド物をいつも録画しております。
あ~よかったとホットした瞬間に副交感神経のスイッチオンです。

あとは、レプチンというホルモンの効きが悪くなっている可能性もあります。

ご馳走を食べた翌日は、レプチンの効きが悪いです。

睡眠不足でもこのレプチンの効きは悪くなります。

さらに40歳以降は、レプチンの効きが悪くなります。

レプチンはお腹いっぱいですよと脳に指令を出してくれるホルモンです。

効きが悪いと食べても食べても満足感がない

だから食べてしまうのです。

我慢は禁物。
必ずリバウンドがあります。

我慢せず、自然に食欲をコントロールするにはどうしたら良いか!

アラフォーからの増量しやすい身体について解説した上での対処方法を学べるセミナーです。

先にメルマガでお知らせをしたところ、お陰様で2月分は満席です。
ありがとうございます!

3月以降の開催は、こちらからリクエストをお願いします。

今年は、ありたい自分をキープしていきましょう!

今年は、南の海が綺麗な島に行きたいです♡

お目にかかるのを楽しみにしてます。
本日もお読みくださりありがとうございました。

食キャリア塾5

リバウンドしないファスティング6

更年期2

【メニュ一覧】
食キャリア塾
ファスティングマイスター検定
波動美ファスティング
お客様の声

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る