ブログ

色々な情報がありすぎて、何を食べたら良いかわかりません

IMG_4155

色々な情報がありすぎて、何を食べたら良いかわかりません。

例えば牛乳って、どうなんでしょうか?

thQHR24WVL

食関連以外のセミナーを受講するとこういった食に関する質問をよくよくされます(^^;

ファスティングや食の指導をされている方も同じ経験があるはずですが、どんな風にお返事していますか?

 

こんばんは。
食キャリアコーチの鮎田奈央海です。

今週月曜日は、モザイクアートのワークショップに参加しました。
小さいタイルをひとつひとつ貼っていきます。
写経のような気分でしょうか(したことないけど)無心に作業に集中するのは楽しいです。

n

ランチは、先日もお世話になった安代さんの手作りランチをいただきました。
IMG_4157
美味しゅうございました(^^)

10時スタート16時30分解散。
1日かけてつくった作品集です。
IMG_4150n

私はどれかわかりますか?

真ん中辺のオレンジのです。
満足感大(^^)
壁に飾ろうと思ってます。

 

さて、本題です。
牛乳をはじめとする乳製品は食べた方がいいのか、たべない方がいいのか?

leche-y-derivados
悩んでいる方がまだまだ多いです。

最近は山田豊文先生などの啓蒙活動が浸透して、悪いという噂は聞いたことがある方が増えてきました。

果たして、良いのか悪いのか?

整体院やエステサロン、スポーツインストラクターの方で、クライアントさんに質問された時にわかりやすくお返事できていますか?

解説いたします(^^)

まずは、現在の日本の畜産業界の状況を想像ください。

乳牛は広いところで自由に草を食べながら生活しているでしょうか?

そんな牛は、ほとんどないはず。

狭い牛舎で一歩も歩けないような状態で、病気ならないように抗生抗菌物質が与えられて、ずっと乳が出るはずもなくホルモン操作されている可能性も高いです。

乳は血液です。有害物質が沢山あるはずです。

また品質を均一化するために攪拌(ホモゲライズ)され、脂肪球が酸化してます。購入する前から酸化しているなんて(^^;

そして、日本人は大人になると乳糖を消化する酵素がなくなるので、牛乳を飲んでも消化できない方が多いです。お腹を壊さないまでも、消化できていない可能性が高いです。

ヨーグルトやチーズのように発酵すれば、乳糖不耐症はクリアになりますが、原料の乳の作られ方に問題があるので、やはりお勧めしません

また、プロセスチーズを沢山食べている方が毛髪ミネラル検査をされるとアルミが高いことがあります。

乳製品はカルシウムが多いけど、実は骨から逆にカルシウムを溶かすという脱灰の問題もあります。

長くなりましたので、脱灰とヨーグルトに変わる発酵食品についての解説は、また次回にいたします。

 

ファスティングと健康美のプロ養成講座の食キャリア塾では、32時間の講義の中で、内8時間は進呈したパワポを使いセミナー作っていただき、ご自身でちゃんと説明できるようにアウトプットタイムを設定しております

18119393_1430237793718220_1456703547289990909_n

知っているのと説明するのでは大違いです。

食キャリア塾を卒業する頃には、自分の言葉でお客様にわかりやすくファスティングや食のことを語れるようになります。

私の講義はマニアックでありながら、わかりやすくて面白いと生徒さんたちに喜ばれています(^^)

http://corps-chou.com/食キャリア塾lp

食について指導したいけど、自己流で学んだ知識ではちょっと不安。。。と思っていらっしゃる、ボディケアの先生
食キャリア塾についてもっと知りたい方は、特別1dayセミナーにお越しください。
7月19日(水)10時30分~13時開催です。

日時:7月19日(水)10時30分~13時

場所:代官山駅徒歩7分 自宅サロン
(場所の詳細はお申込みいただいた方にお知らせいたします。

定員:4名

講座内容:
・ファスティング
・食指導者がこれだけは知っておきたい食知識
・プチ毛髪ミネラル検査、プチ分子整合医学的な血液検査の見方
・その他受講者様が知りたい内容

価格:10000円(お友達と一緒なら9000円)

お支払い方法:事前銀行振込

特別1DAYセミナーのお申し込みはこちらです。

お目にかかることを楽しみにしてます(^^)
本日もお読みくださりありがとうございました。

食キャリアコーチ 鮎田奈央海

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る