ブログ

若い頃と比べると頑張りが効かないと感じる方必見です!

こんにちは(^^)

ファスティングと食指導
食プロ養成講座の食キャリア塾主催
健康研究家の鮎田奈央海です。

先日、アウトドアが気持ち良い日でしたが、私はお家にこもって、「アラフォーからの身体の取説セミナー」の準備をしておりました。

写真は、8月開催のセミナー開催時にパチリです。

しかし
水星逆行の影響???

いつものPCから印刷できなくなり
古いPCで資料を印刷して、
いつものPCにプリンタードライバを入れなおし、まだ途中です(^^;

さて本題です。

以前と比較すると
頑張りが効かず仕事にも影響していると感じることがありますか?

こちらはFさんからの質問です。

=====
頑張りが効かず仕事にも影響しています。

40代の7割程度の自覚があります。
動ける、スッキリ感があり疲れにくい身体になるには、どういったケアや習慣が効果的でしょうか。
=====

Fさんと私は実は同じ年。
56歳です。
まだ閉経されてないかもしれませんが、一般的には、更年期後半組といったところです。

更年期障害で顕著に動けなくなるとかはないけれど、40代の頃の自分と比較するパワーダウンしていると感じていらっしゃいます。

お気持ち
とても
よくわかります。

私も同年代と比べると元気な方ですが、40代とは明らかに違います。

Fさんが会社にお勤めなら
40代のバリバリ女子がきっと周りにいらっしゃるでしょうし、フリーランスなら、SNSなどで起業アラフォー女子のアクティブさを感じていることでしょう。

気が付かないうちに比較しているかもしれません。

=====
人生100年時代と言われてますが、
日本人女子の平均閉経年齢は50.6歳。
=====

見かけは50年前より
断然若いけど
閉経年齢
ここは50年前と変わっていないのです。

約30年前
多くの会社の定年は55歳でした。

56歳でしたら、リタイヤ楽々生活してもおかしくないのですよ(^^;

でも今は65歳定年
人生100年時代ですから、もう頑張りです。

=====
まずは40代と同じ生活習慣で、同じパフォーマンスを保つのは無理だと思ってください。
=====

より食生活や睡眠時間などを充実させる必要があります。

=====
まずは12時前に寝ること。

6時間以上の睡眠を確保ください。
理想は、7時間30分です。
=====

忙しくて5時間睡眠だったとして、
2時に寝て7時起床よりも
12時に寝て5時起床の方が睡眠効果は高いです。

とにかく12時前に寝ることを意識ください。

 

自律神経バランスをとることが
基本中の基本となります!

そして、
昔に比べると
眠りが浅くなったと感じているかもしれません。

ご存知の方も多いですが、
睡眠も老化します。
子供の深い眠りがうらやましいですよね。

=====
睡眠は、最初の深い眠りが大切です。

しっかり深い眠りに入ると
成長ホルモンもタップリ出て
身体の修復がしっかりされます。
=====

この大切な時間を邪魔されない場所を確保です。
耳栓やアイマスクも有効です。

=====
あと深い睡眠には
睡眠ホルモンの
メラトニンがしっかり分泌されることも必須です。
=====

セロトニンが太陽の光をあびて14~16時間後に脳の松果体でメラトニンに変換されます。

ですから朝はしっかり光を感じることも心がけてください。

セロトニンの90%は、腸で合成されます。

腸内環境は万全ですか?
1日1回以上、バナナ便がするりと出る
理想は2回です。

またセロトニンの材料は、アミノ酸のトリプトファンです。

アミノ酸の元となるタンパク質(肉、魚、卵、豆製品など)を食べてますか?
1日3~5皿位のタンパク質が必須です。

そして、アミノ酸まで分解するのは思っているより大変です。
消化の要の胃酸はちゃんと分泌されているでしょうか?

トリプトファンから、セロトニン、そしてメラトニンに変換されるのには、ビタミンB群と鉄、マグネシウムも必須です。

更年期世代は、鉄の不足は少ないのですが、ビタミンB群とマグネシウム不足の方は多いです。

ここは最近の血液検査結果があればアドバイス可能です。

また、元気が出ない、不安感が強くなるのは、ドーパミンからノルアドレナリンに変換されすぎているのかもしれません。

銅が身体にたまっている方は↑の傾向が出てくることがあります。
こちらは毛髪ミネラル検査をお勧めします。

あと適度な運動で身体を疲れさせておくことも大切です。

=====
ちゃんと寝るだけで多くのことが改善できます!(ホントです)
=====

そして

頑張りすぎて
副腎疲労になっている可能性もあります。

副腎疲労になると
甲状腺機能も落ちるので
元気がなくなったりするだけでなく、太りやすくなります。

=====
副腎疲労対策としては
まずは、断る勇気を持つ!
無理しないことが大切です。
=====

そして、気が付かないうちに身体の中でアレルギーを起こしているかもしれない食材を排除です。
代表選手は、小麦、乳製品です。

小麦は主食ではなく嗜好品。
乳製品は健康食品ではなく嗜好品です。

何歳になっても
いつも絶好調で、大好きな仕事や趣味を思いきり楽しみたい!

若い頃のパワーを取り戻したい!

そんなあなたにぴったりの

=====
人生 100 年時代を美しく思いきり生きる!
40代からのカラダの取説とマネジメントセミナー
=====

を開催します。

更年期でパワーダウンしていると感じる方は、是非いらしてくださいね。

セミナーの詳細はこちらです。

1.女性ホルモンについて

2.なぜPMSになるのか

3.更年期のこと

4.PMSと更年期対策について

・ピルの服用など保険適用のホルモン療法
・エクオール検査
・漢方
・プロゲステロンのクリーム
・ナチュラルホルモン療法
・プチ分子栄養学的血液検査

5.うつ、副腎疲労、甲状腺機能低下について

6.睡眠について

7.メタボ、高血圧、脂質異常症、骨粗鬆症について

8.まとめ

気になっていた情報や知りたい情報を一気に勉強できます(^^)

こんな方にもお勧めです。

・ご自身まさに更年期真っ只中(体重、体脂肪、コレステロール、血圧が上がってきた方には特にお勧めです)

・更年期はまだ先だけど、ずっと綺麗でいたい

・生理不順で悩んでいる方

・生理前に子供を感情的に怒鳴りつけて後悔したり、 パートナーや周囲に毒づいて自己嫌悪に陥ったり、眠くて眠くてたまらなくて、 ボーっとして仕事がちっとも手につかないとか、同僚や上司のささいな言動に、 嫌気がさしてもう辞めてやる!と思ったり、食欲が異常に増進して、 体に良くないジャンキーなものを爆食いしてしまったりする方。

・更年期は終わったけど、人生あと50年を楽しく生きるコツを知りたい

・クライアントさんに更年期の方がいる

などなど

更年期が気になる方はもちろん、食やファスティング指導している方も役立つ情報満載です。

プチ分子栄養学的血液検査のアドバイスもいたします。
血液検査結果などがあればご持参ください。
ランチ懇親会の時にアドバイスいたします。

〇詳細
開催日時:12月26日(水)10時30分~13時
場所:代官山の当サロン(お申し込み後に詳細をお知らせいたします)
費用:8000円

下記からお申込みください。(お陰様でキャンセル待ちです)
今回は日程が合わないけど、いつか受講したい方も、下記からリクエストください。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=JqOXzrUdo

本日も最後までお読みくださりありがとうございました。
お目にかかる日を楽しみにしております。

食キャリア塾5

リバウンドしないファスティング6

更年期2

【メニュ一覧】
食キャリア塾
ファスティングマイスター検定
波動美ファスティング
お客様の声

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る