ブログ

3日で人生が変わる 究極の断食力

IMG_3648

「断食で治らない病気は医者でも治せない」
飽食の時代、食べ過ぎの現代人には、食べることよりも排泄に意識を置くことが最も大切です。
「入る」ことを休止することで、「吐く」能力を高め、体内にたまった毒素の排泄を高めることに集中させる。
断食とは「毒を捨てる健康法」なのです。

ファスティングマイスター学院の上級講師でもあり理事の田中裕規(断食メガネの田中)さんが、ファスティングの本を出されました。

さっそく購入。
わかりやすく、面白い。
専門的な内容もしっかり網羅されてます。
2時間で完読です。

田中さんは、山田豊文先生のミネラルファスティングをベースに、酵素栄養学の鶴見先生やご自身で学んできたことをまとめた「田中式ファスティング」と命名。

あ~こんなに書いてしまったら、ファスティングマイスター2級検定が、、、(^^;
さすが5000人以上のファスティングの指導者の本です。

宿便のこともわかりやすく書かれてます。P194
厳密にいえば、、、胆のうから分泌される「胆汁」という黒い分泌物質のことです。

笑えたのが、回復食期間中に食べてはいけないもの P176~
タイ料理、豚骨ラーメン、焼き肉、日本酒、ハンガーが―とポテト
体験談に大笑いしました。

私も1回だけ、回復食1日目の恵方巻2cmを食べてことがありますが、最初は全部食べれると思ったのもつかの間、気分が悪くなりました。
回復食は、本番中よりも、選択肢が増えるので要注意です。

田中さんの本を読んで、ファスティングはできるかもしれませんが、やはりフォローがあると効果が断然違いいます。
ファスティングの後に、何をどう具体的にリセットすればいいのか?

1週間の食日記や最近の健康診断結果、毛髪ミネラル検査結果などを拝見しながら、アドバイスいたします。
回復食も10日目までのフォローがついているので、回復食での失敗はありえません。

あゆた式ファスティング指導はこちらをご覧ください。

ファスティングの行為自体はとてもシンプルなので、どう食をリセットするかをアドバイスできることが、ファスティング指導の差別化につながります。

そんなファスティング指導ができる方を増やしていきたいと、今からファステイングを仕事にしたい、
ファスティングを組み入れたいと思っている方にぴったりのセミナーを7月に計画中です。
お楽しみにしてください(^^)

最近身近な方が次々と本を出されてます。私も還暦までに出したいです♡

7月開催1 Dayセミナー優先案内登録受付中✨
https://ssl.form-mailer.jp/fms/74f00791438572

***********************
3カ月後 食で愛され稼げる食講師としてデビューできる!
食キャリアコーチ 鮎田奈央海
*******************

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る