ブログ

花粉症でお悩みの方は特に必見!グループファスティング募集お知らせ

こんにちは(^^)

栄養士・健康研究家の鮎田奈央海です。
↑先日撮影した写真の掲載が続きます(^^)

はっくしょん!

当サロンがあるマンションの管理人さんの憂鬱な季節がやってきました。
管理人さんとの付き合いは、もう20年目となりましたが、今年はすごいと言ってましたよ。

スギ花粉は大丈夫ですか?

そろそろ
ムズムズ
と感じている方は
是非ファスティングに挑戦ください(^^)

*****

ファスティング仲間は、
アレルギーの症状が出るとファスティング
記憶力が落ちてきたらファスティング
って方が多いです。

*****

高校時代から、スギ花粉症に悩まされていた方も、ファスティングを繰り返しすることにより、薬が手放せた、症状が出なくなったという事はよくあります。

ファスティングによって花粉症が改善される理由はわかりますか?

ファスティングマイスターの資格を保有でしたら、お客様への説明を考えてみてください。

*****

一言でいえば
腸内環境が改善されるからです。

*****

免疫の要は、腸という話を聞いたことがある方は多いでしょう。

小腸には、免疫の要であるリンパ球の7割が存在してます。

身体の中で一番多いです。

毒物、異物、細菌、ウイルスなどは、食事や飲み物などと一緒に入ってきます。

小腸の中は、中だけど身体の外。

小腸で吸収される前に、中に入ってくる直前に、やっつければ、そのまま便となって出ていきます。

ですから小腸には、身体の中で一番多くのリンパ球が待ち構えているのです。

*****

そしてアレルギーがある方は、リーキーガット症候群かもしれません。

小麦(グルテン)、乳製品(カゼイン)などの影響で、小腸に小さな穴が開いている状態です

*****

小腸は、タイトジャンクションという密な構造になってます。

そのタイトジャンクションを壊して穴をあける代表選手がグルテンとカゼインです。

本当なら、吸収されない大きさの物が通過して、異物として認識され、リンパ球が攻撃するので、食物アレルギーとなります。

ファスティング時には、小麦や乳製品やアレルゲンとなるものを食べないので、小腸が綺麗になりますし、アレルギー症状が治まることが多いです。

小腸は代謝が早い臓器なので、3日間のファスティングでかなり修復されます。

そうすると、今まで通してしまっていた不要な物が通れなくなる。

また、不要な物が血液中に入ってこなくなるので過剰な免疫が収まってきます。

アレルギーが改善されるはずですし、自己免疫疾患にも良いです

そして、リンパ球が本当に働く必要ある時に、しっかり最前線で働けるようになり、免疫力アップにもなるのです

これらの効果は、1回のファスティングで感じる方もいれば、繰り返しファスティングすることで改善される方もいます。

ここは、個人差大です。

でも花粉症でお悩みなら一度は試していただきたいファスティングです。


あとマニアックな話になりますが、いつも忙しい交感神経優位の方は顆粒球が多めで、リンパ球が少なく、胃潰瘍やガンになりやすいです。

ここもファスティグにより改善されます。

ファスティング中はリンパ球が増えてくるのです。

顆粒球もリンパ球もどちらも必要な免疫ですが、バランスが大切です。

断る勇気を持つ!

働きすぎのみなさんに贈る言葉です(^^)

*****

もちろん、ファスティング後の食のリセットも必須です。

まごわやさしい食材を意識しつつ、

小麦は主食ではなく嗜好品

乳製品は、健康食品ではなく嗜好品です。

*****

私もこの季節、花粉の影響なのか、お肌がカサカサしてきますので、今年初のファスティングを3月10日(日)からスタートします。

=====

一緒に楽しくファスティングしたい方を募集いたします。

期間は多少連れても大丈夫です。(前後3日間位まで)

本番日数も3~7日間で選択ください。

私のファスティングのリピーター様は、商品代だけで参加可能です。

はじめて参加される方は、商品代+ファスティングフォロー代(何日間のファスティグでも一律1万円)

なお今回は、個別のアドバイスはありません。

ラインでグループを作成して、一緒に楽しくファスティングします。

グループライン内での質問は可能です。

3月10日(日)準備食1
3月11日(月)準備食2
3月12日(火)本番1
3月13日(水)本番2
3月14日(木)本番3
3月15日(金)本番4
3月16日(土)本番5
3月17日(日)回復食1
3月18日(月)回復食2

お申込みは、こちらからお願いします。

ファスティング中は、動画セミナーも入れていく予定です。
確約はできませんが(^^;)

=====

食日記、カルテ、血液検査結果を拝見しながらの個別指導をご希望の方はこちらをご覧ください。

そしてファスティングの健脳効果ですが、
年を重ねると脳の神経伝達物質を転送するのに必要なニューロンの数が減って、物覚えが悪くなったりします。

ファスティングすることにより、BDNF(脳由来神経栄養因子)が増えて、脳神経をつないでいるニューロンを増やすことができるのです。

最近、物忘れがひどくなった方も是非ファスティングください(^^)

グループファスティングのお申込みはこちらです。

お目にかかるのを楽しみにしてます。
本日もお読みくださりありがとうございました。

食キャリア塾5

リバウンドしないファスティング6

更年期2

【メニュ一覧】
食キャリア塾
ファスティングマイスター検定
波動美ファスティング
お客様

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る