ブログ

妊活とミトコンドリアとファスティングの良い関係

ninkatsu3

妊活とファステイング 
昨日の続きです。
未来の家族のために、カラダの内側からキレイに元気になりましょう。
ファスティングで妊活力をアップしませんか?

妊活で一番大切なのは、元気なミトコンドリアです
ミトコンドリアは、細胞内の生きるために必要なエネルギーをつくる発電所です。
寝ていても呼吸ができるのは、ミトコンドリアが1日中24時間ずっとエネルギーを作り続けてくれるからです。
1つの細胞に平均300~1,000ほどのミトコンドリアが存在し、脳や、心臓の細胞には5,000個、卵子には10万個もミトコンドリアが存在しているといわれています。

受精とは生命の誕生であり、想像以上のエネルギーが必要になります。
ですから卵巣内には10万個のミトコンドリアがひしめき合い、受精するとミトコンドリアは100万個まで増えるともいわれています。妊活で悩む女性の卵子内のミトコンドリアは少ないために、受精後に細胞分裂することや分裂できても着床することができません。いわばエネルギー不足が不妊の原因となっているのです。

また日本人の男性の10人に1人が精子に問題を抱える時代と言われ、不妊の原因の半分は男性というデータも出ています。精子の運動部分はミトコンドリアがエネルギー源ですから、卵子にたどり着けるかどうかは、これもミトコンドリアにかかってきます。

しかし、そのミトコンドリアは年齢と共に減少していくことも分かっています。女性も男性もミトコンドリアの数を増やすことが大切です。
ミトコンドリアは、断食、寒さ、息切れ、適度な運動などのストレスを感じると増え始めます。ですから、食を断つファスティングはミトコンドリアの数を増やす効果があります

そして、女性にとって、人生最大のデトックスは、出産、授乳です
出産前後で毛髪ミネラル検査をすると、出産後はお母さんの有害ミネラルが減少します。 いったいどこでデトックスしているのでしょうか?

生まれてくる赤ちゃんのために、ファスティングでデトックスして食や生活習慣を改善しましょう

近年、アレルギーや多動、自閉症など発達障害のお子さんが増えているのも、有害ミネラルの蓄積が関係しているという報告もあります。赤ちゃんの腸内細菌のバランスは生まれてくるときに決まり、一生の健康度は3歳で決まるとも言われています。

いつ妊娠してもいいように、まずはご夫婦の身体をデトックスして、わかっちゃいるけど、やめられない食&生活習慣をファスティングでリセットしましょう

☆3ヶ月後 食で愛され稼げる食講師としてデビューできる!☆
プロのための食キャリアコンサルタント 鮎田奈央海


お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス 確認

*PCからお返事のメールが受け取れるメールアドレスをお書きください。

電話番号

題名

お問い合わせ内容

メッセージ本文

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る