ブログ

妊活のサポートをしていて、もどかしく感じることはありませんか?

0057_original

こんにちは(^^)
食キャリアコーチの鮎田奈央海です。

整体やヨガのインストラクターさんなど、ボディケアの先生は、妊活のサポートをしていて、もどかしく感じることはありませんか?

「本当は、食生活も改善して、体を内側から変えていくことも大事なんだけどな・・・」

そんな風に感じたことがあるのではないでしょうか?

食キャリア塾の卒業生のTさんもそのお一人で、
「外側からだけでなく、内側からも体質改善していただけるよう、ファスティング&食指導ができるようになりたい」と
食キャリア塾に入塾なさいました。

Tさんは、今度、初めて、お客様に妊活ファスティングのサポートをすることになったそうで、特に妊活に必要な食指導について、質問をいただきました。

妊活に必要な栄養素といえば、昔からツートップ「ビタミンE」と「亜鉛」です

「子宝ビタミンのE」についてはこちらをお読みください。

「セックスミネラルの亜鉛がなぜ妊活に大切なのか?」はこちらをお読みください

でも、ツートップの亜鉛は、実は意外と吸収が難しいミネラルでもあります

亜鉛といえば、カキを思い出す方も多いでしょう。

カキ(むき身50g)6.6㎎の亜鉛が含まれます。
むき身50gとは、小さめなら5個位、大きめなら2個半位です。

その他多く含まれる食材は、

豚レバー50g 3.5㎎
牛肉80gり3.5㎎
うなぎ1串(100g)2.7㎎
竹の子130g 1.6㎎
ピュアココア15g 1.1㎎

など。

でも、妊活を望んでいるからと、単純に亜鉛を多く含む食材を沢山食べれば良いというわけではありません。

なぜなら、胃での消化がしっかりできないと、カキや豚レバー、牛肉などを食べても消化不良で、タンパク質も亜鉛も吸収できないからです。

亜鉛が含まれると同時に、動物性タンパク質に多く含まれるということは、消化エネルギーが必要だということ。

つまり、胃酸の分泌がしっかりできないと、たくさん食べても吸収されにくいのです

これは、貧血気味の方で鉄のサプリの飲んでも改善されない方も同じです。

しっかり消化するために、胃酸をしっかり出すことが大切ですが、そのために日常生活で工夫できることが3つあります。

1.まずはよく噛む(これ基本中に基本です)

2.胃酸の分泌の準備をして、胃酸の酸性度を上げるためにもレモンをかける

3.亜鉛が吸収されにくくなる加工食品を減らす

もし、サプリで摂る時は、鉄と亜鉛は一緒にとらないのが基本ですよ。

ファスティングマイスターさんが、妊活をご希望の方のファスティングカウンセリング時には、血液検査の結果を見ながら、亜鉛はどうやって摂取したら良いかを具体的にアドバイスしてください(^^)

食キャリア塾は、こうした基本の栄養学はもちろん、今たくさんある栄養療法も学べる講座です。

食にまつわるアドバイスができることで、外側と内側両方から、妊活のサポートができるようになっていきます

Tさんも、ヨガの生徒さんのファスティング&食指導をするようになって、生徒さんの変化が顕著になったとおっしゃっていました。

「本当は、外側からのケアだけじゃ足りないんだけどな・・・」と、もどかしく思っている、整体やヨガの先生は、体系化された栄養学や栄養療法を学ぶことで、アドバイスの質がぐんと上がります。

多角的にお客様の健康をサポートできるようになると喜ばれ、リピート率も一気に高まりますよ。

7月19日(水)10時30分~12時30分 代官山の当サロンで、「ファスティング&健美食」にまつわる特別1dayセミナーを開催いたします。

食について指導したいけど、自己流で学んだ知識ではちょっと不安。。。と思っていらっしゃる、ボディケアの先生は、ぜひいらっしゃいませんか?

日時:7月19日(水)10時30分~13時

場所:代官山駅徒歩7分 自宅サロン
(場所の詳細はお申込みいただいた方にお知らせいたします。

定員:4名

講座内容:
・ファスティング
・食指導者がこれだけは知っておきたい食知識
・プチ毛髪ミネラル検査、プチ分子整合医学的な血液検査の見方

価格:10000円(お友達と一緒なら9000円)

お支払い方法:事前銀行振込

特別1DAYセミナーのお申し込みはこちらです。

お目にかかることを楽しみにしてます(^^)

本日もお読みくださりありがとうございました。

食キャリアコーチ 鮎田奈央海

【メニュ一覧】
波動美ファスティング
食のプロ養成講座『食キャリア塾』
ファスティングマイスター検定
お客様の声

o0300015013924191798

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る